廃車買取 ラボ

事故車の個人売買は危険なのか?

結論からいうと、事故車の個人売買においては非常に多くのトラブルが発生しています。
確かに、業者による中間マージンの費用がないために業者の買取よりも高額になる可能性はありますが、取引相手が素人なので、どうしてもトラブルがあるようです。

 

そのため、事故車を売却する際は、個人売買はお勧めできません。
以下に、トラブルになりやすいポイントを挙げていきます。

 

  • 修復歴車、事故車についての理解がしっかりしてない
  • 確実な修復歴が証拠が用意されていない
  • 返金対応などの契約がしっかり交わされていない
  • 詐欺行為を働く業者が介入してくることも多い

 

などなど、個人では上記に基づくトラブルが多いです。
また素人対素人であるため、解決点を妥協することが難しいです。

 

 

確かに、少しでも高額で手持ちの事故車を売却したいなら
業者の手数料や中間マージンを無くすことができる個人売買はいい選択肢です。
しかし、その選択肢を選んだゆえに、高確率で発生するであろうトラブルに対処する手間や費用を鑑みると、とてもじゃないですが、事故車の個人売買はいいものではありません。

 

どうしても事故車・廃車というのは、扱いが難しいです。
そのため、事故車・廃車の車の処分を考える時には、
知識や経験が豊富な事故車・廃車専門の買取業者に依頼するべきだと思います。