廃車買取 ラボ

廃車におけるローンの残債

不要になった車を廃車にするという方はとても多いです。
しかし、廃車にする前にはいくつかのチェックポイントがあります。
そのチェックポイントのうちの1つが、ローンについてです。

 

 

自動車というのは、高額な買い物です。
なかなか一括現金で支払うというわけには行きません。
そうなると、金融機関やディーラー提携のクレジット会社を利用し、ローンを組んで車を購入するということになります。

 

廃車やほかの誰かに車を受け渡したり、あるいは買取りをしてもらう際には、このローンが残っているとその先の手続きに進むことができません。
ローンが残っていると、その車の所有権は名義人にありません。
その車の所有権は、金融機関やクレジット会にあることになります。
これは金融機関やクレジット会社が、お金を貸す代わりに車を担保としているからです。

 

 

しかし、事故を起こして修理できない、そしてその車のローンがまだ残っていたとするとそれでも廃車にできないのかというと、そんなことはありません。
事故を起こした場合、金融機関やクレジット会社に相談をすれば所有権の解除をしてくれます。
ただしその際、残っているローンは支払わないといけません。